見出し画像

社内に転がっているワクワクを探せ!

自己紹介

はじめまして、プランナーのウメミヤです。
前回の「Qスタ!」所長である戒田さんと同じく、BASE Qや電通グループで、新規事業から既存ビジネスのマーケティングやコミュニケーションのプランニング/コンサルタントをしています。

元々は高専というがっつりものづくり畑の出身だったのですが、「作ったはいいけど…どうしよう?」という技術者あるあるにぶつかり、経営やマーケティングを学んで戦略を考えられるようにならねばと一念発起し、大学院へ進学。そこでは工学も学びつつ特にシーズ起点のビジネス創出やマーケティング・経営といったことを学びました。

そんなバックグラウンドから、現在はプランナーとして業務に携わり、とにかく新しいコト・モノ(特に越境感のある体験が得られる何か)が好きで新しい仕掛けや体験ってどんなの?とアイデアを所構わずバラまいていたときに声がかかり、新規事業コンサルとして関わるようになりました。

どうやってワクワクを探す?

新規事業を考えるときによく話にあがる、「自分の興味分野、やりたいことを基点に考える」についてですが、多くの人が、「会社のやりたいこと(意義やビジョン、ミッション、業務領域等)と全然違うからなー……」とお困りだと思います。
そんな形で進んでいった結果、よく分からない領域で、別にやりたいわけではないけど上から言われて進める「ゾンビプロジェクト」が誕生します。
特に新規事業においては、担当者の熱量がない状態で上手くいくはずもなく……。
なので、我々BASE Qは新規事業担当者が熱くなれるポイントがどこか?を常に意識して伴走しています。

さて、「会社のやりたいことと自分のやりたいこと合わない現象」というあるあるをお伝えしましたが、一方で意外と社内はワクワクすることが転がっていると思っています。
自分自身も自社のプレスリリースやらなんやらを見て、気になった情報があれば即担当者に連絡を取りに会いに行きます。実際に業務につながるのはもちろん数少ないですが、少なくともそこで新しいアイデアや社内ネットワークはできるので「即行動」は重要だと思います。(どんな情報にも鮮度があるので、早いに越したことはないです)

この社内に転がっているワクワクを見つけるための、「気になる情報を見つけたら即行動!」ですが、BASE Qで実践するオープンイノベーションの取り組みでも重要なのですが、相手と自分にそれぞれギブ&テイクできている状態をつくることを意識していただければと思います。
ぜひ、オープンイノベーションの1歩目というイメージで社内との協業を実践してみてください。

この「Qスタ!」でもBASE Qでも、みなさんのワクワクを探す・実現させるために、いろんなお手伝いができればと思っておりますので、どうぞよろしくお願いいたします!


<プロフィール>

画像1


梅宮良輔 うめみやりょうすけ
株式会社電通デジタル Planner
大阪大学大学院を修了後、電通に入社。
その後、電通デジタルへ出向し、主にデジタルを絡めた戦略プランナーとして、既存サービスから新規事業まで、様々な領域でのマーケティング業務に従事。学生時代からルールづくりを得意とし、教育用カードゲームやワークショップの制作・企画なども実施。



この記事が参加している募集

自己紹介

「新規事業を企てる」って、とても楽しいことだと思うんです。​ 肩のチカラを抜いて、​「新しい事業をつくるということを“楽しむ場所”をつくってみよう!」​ ということでBASEQの情報発信プラットフォームとして​「Qスタ!」を立ち上げました